#外国人向け事業

アメリカ不動産の購入 ステップ・バイ・ステップ

 

アメリカに住んでいない/アメリカ国籍がなくてもアメリカ不動産を購入できるの?

「アメリカ不動産に投資したいけど、やり方が分からない。」
このような疑問をかかえているお客様はいませんか?
当社Mr.LANDはアメリカのカリフォルニア州で投資用物件を購入しましたのでそのプロセスを全部明らかにします。
一緒に海外不動産投資の夢を実現しませんか?

 

 

ステップ1)アメリカのどこで購入したいかを決める

アメリカは外国人として不動産の制限はございません。
外国人投資家として、米国で最も住みやすい都市や州を調査する必要があります。
なお、アメリカでは新築より中古物件が多いため、不動産投資でも中古物件を購入するケースが一般的です。
世帯収入や不動産価値が高いエリアは人気集中のロサンゼルス、ニューヨークやサンフランシスコです。
しかし、もっとお手頃価格で投資できるエリアは沢山ありますので、自分の予算とニーズにあったエリアを見つけることがポイントになります。

 

ステップ2)現地不動産に強い不動産エージェントを探す

国際的および外国の国内取引に経験のある不動産業者を見つけることが大切です。
理想的には、適切な不動産業者は、CIPS(Certified International Property Specialist)の指定などの専門家の資格を持っている必要があります。
CIPSの被指名人は、リスクを軽減しながらシームレスに国際取引を完了するための専門的なトレーニングを受けています。
彼らは、国際的なクライアントと協力する専門知識を持っている上、複数の言語に堪能です。

 

ステップ3)物件選び

アメリカの不動産はMLS(Multiple Listing System)という不動産情報システムで探すのが一般的です。
現地の不動産業者しか閲覧できないのでエージェントを上手に活用し、自分が希望する条件を設定してもらいます。
海外に住んで現地を訪れない場合、エージェントは希望物件のビデオや写真を提示し
場合によってバーチャルツアーを手配することもできます。

 

 

ステップ4)好きな物件を見つけたらオファー(買付申し込み)を入れる

購入したい物件を見つけたら、オファーを売主に入れます。
オファーには購入希望金額や現金での購入か、ローンを利用するか、引渡の希望日などの条件を記載します。
オファーを行うと、売り手には3つのオプションがあります。
申し出を受け入れるか、それを拒否するか、または異なる価格(カウンターオファー)で反対申し出することができます。
優秀なエージェントを雇うことで、売主との交渉権を得る可能性が高まります。

 

ステップ5)アメリカの銀行口座を開設

アメリカで不動産投資を行う際、賃貸集中を振り込んでもらう銀行口座を開設する必要があります。
我々はロスの「ユニオンバンク」で開設しました。

 

ステップ6)住宅査定を実施する(ホームインスペクション)

物件を購入する前に必ずやりたいことは住宅検査です。
検査官は、構造上の欠陥や損傷がないかチェックし、
家が構造的に健全であり、すべてのシステムが機能していることを確認します。
その後、どのような修理が必要なのか、メンテナンスのレポートをまとめます。

 

購入希望者は調査レポートをもとに売主に修理を依頼することになります。
修理をどこまで対応するのかは売主側と交渉になります。
お互いが同意できなければ、売買契約をキャンセルすることもできます。

 

 

ステップ7)売買契約を結び、エスクローをオープンする

オファーが通り、インスペクションが終了したら売主と売買契約を結びます。
アメリカ不動産の売買契約ではお互いの弁護士を通して行うのが一般的です。
売買契約には、エージェントが買主に交渉した価格とその他の条件が含まれますので、細かく確認することが大切です。

 

また、契約時に、販売価格の5〜10%のEarnest Moneyデポジットを提供する必要があります。
このお金は、不動産の所有権譲渡するまで、エスクロー(信託)口座に保管されます。

 

ステップ8)クロージングする

契約を結んだら、次のステップはタイトルレポート(不動産の所有権譲渡)を完成させることです。
購入代金を支払うことで所有権が移転しますが、同時に固定資産税の月割り金額や税金、登録手数料なども一緒に支払います。
全ての手続きが完了すれば、エスクロー会社が登記日に購入代金を売主へ振り込んでくれます。

 

 

いかがでしたでしょうか。
ご不明点・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

新着情報・お知らせ一覧へ