コラム

海外不動産投資のメリット・デメリットを解説!日本との違いは

 

海外不動産投資といえば、「興味はあるけど、何だか難しそう。」「新興国と先進国とどちらがいいのか、選び方がわからない」といった不安や疑問をもっている方も多いのではないでしょうか。一般的には、海外不動産投資は誰に相談すればいいのかわからない、複雑で難しそう、為替や言語の壁、など難しいイメージを持つ方が多いようです。
 
そこで、このコラムでは、投資初心者の方でもわかるように、海外不動産投資のメリット・デメリットを易しく解説していきます。
 
海外不動産投資のメリットには下記のようなものがあります。
 
①利回りが高い
 
日本の不動産投資に比べ、比較的、利回りが高いものが多くあります。その理由は、人口増加による経済成長やそれに伴う物価の上昇によって、物件価値の増加や家賃収入の増加が見込めるからです。特に、新興国等の人口増加によって経済成長が著しい国は、株式と同様に高い利回りが期待できる傾向にあります。
 
②経済成長に伴う値上がりを期待できる
 
不動産投資を成功させるために、事前に不動産売却(出口)の計画を立てたうえで購入を進めることが重要です。新築時が最も高く、築年数の経過とともに下がっていく日本の不動産と異なり、海外不動産においては、今後の長期的な経済成長や人口増加によって、賃貸需要が高まり、不動産価値が上昇すると予測されている国も多くあります。ゆえに、海外不動産では物件の長期保有によるインカムゲインと、売却によるキャピタルゲインの両方を狙える可能性があります。
 
③リスク分散が可能
 
日本での不動産投資の他に海外不動産を購入する場合、災害時や金融危機に関するリスク時のヘッジが可能です。エリアを分散して投資できていれば、収益の減少にも他の物件の収益でカバーできます。投資の世界には「絶対に儲かる」という方法は存在しない以上、不動産投資のリスク管理でも、分散投資の考え方は欠かせません。
 
一方、海外不動産投資のデメリットには下記のようなものがあります。
 
①情報収集やエージェント探しを慎重にする必要がある
 
個人の日本人投資家が現地の不動産情報を探すのは容易ではありません。海外では「エージェント」と呼ばれる不動産業者が投資家をサポートしてくれますが、現地のマーケットや商慣習に精通している、信頼のおけるエージェントを見極めることが重要になります。
 
②新興国等のカントリーリスクや価格変動リスク
 
新興国等では、先進国に比べて、クーデターや内戦など政治情勢が不安定な国もあり、日本や欧米より市場規模が小さい傾向もあります。また政権交代によって、不動産に関するルールや法律が一変することもあり、価格変動が大きい傾向があります。
 
③為替や融資の可否に注意が必要
 
海外不動産投資では、基本的には、物件を現地通貨で購入しますが、為替レートは日々変動しており、インカムゲイン・キャピタルゲインともに為替リスクがあります。また、日本国内の金融機関で、海外不動産投資の資金を融資してくれるところは少なく、条件も厳しい傾向があります。一方、現地の銀行で融資を受ける場合も、自己資金を多めに求められる等、ハードルは低くありません。
 
日本の不動産投資と比較すると、海外不動産投資は高い利益を狙える半面、為替やカントリーリスク、常識の違いにも注意が必要です。また、新興国や先進国でも大きく異なり、利益とリスクのバランスを検討した上で、信頼できるエージェントとの二人三脚で取り組むことが成功への近道といえます。
 

新着情報・お知らせ一覧へ