コラム

【投資初心者必見】不動産投資が初心者に人気の理由とは

 

不動産投資ってなんだか難しそう…。自分にはハードルが高そう…。
興味はあるけど、なかなか始められない…。
そう感じている方は多くいらっしゃるかと思います。

 

今回は不動産投資が初心者に人気の理由をご紹介します。

 

①ミドルリスク・ミドルリターン
株式投資やFXは短期に大きな収入を得られる可能性がある一方でプロでも大きな損をすることのある「ハイリスク・ハイリターン」ですが、不動産投資は購入にかかる費用はある程度必要なものの、毎月の家賃という収益が安定している「ミドルリスク・ミドルリターン」の投資です。売却時に利益を得ること(キャピタルゲイン)も可能ですし、賃貸に出すことで入居者が維持できていれば、不況に関係なく長期・安定的に家賃収入を得ること(インカムゲイン)もできます。

 

②特別な経験やノウハウが不要
株式投資やFXは日頃から金融市場や世界経済の動きをチェックして複雑な投資方法を学ぶ必要がありますが、不動産投資はいたってシンプル。もちろん不動産投資を始めるにあたってノウハウを学ぶことは重要ですが、今やインターネットの進化で情報収集も格段にし易くなりました。また入居者の募集や契約、問合せ対応など細々した管理業務を手数料を支払って管理会社におまかせするとができるため、本業の仕事をしながらでも続けやすいといえます。

 

③節税効果がある、生命保険代わりになる
不動産投資には所得税、住民税、相続税、贈与税において節税効果があります。例えば会社員のように給与所得のある方が不動産投資をする場合、確定申告を行い不動産所得の赤字を損益通算といって全体の所得から差し引く(節税効果)ことができる場合があります。相続税・贈与税に関しては不動産の場合、現金より課税評価額が下がる性質を使い現金で相続するより相続人が支払う税金を少なくする仕組みです。この他、ローンを組んだ場合の「団体信用生命保険」を活用すれば契約者に万が一のことがあった場合でも遺族にローン支払いが完了した状態で相続させることができます。

 

いかがでしたでしょうか。上記の他にも少額の自己資金で始められる、インフレ対策になる、などのメリットも人気の理由です。

Back to News