ブログ

あなたの知らない散歩道*品川

 

 

品川区は西側は昔ながらの商店街が立ち並び、
東側は開発された都会的なエリアと
雰囲気ががらりと変わるアンバランスな魅力が持ち味です。

 

まずはローカルさが住みやすい

武蔵小山周辺にいってきます!

 


*もち豚とんかつ たいよう

 

グルメな方ならご存知かと思います。
パルム商店街にあるたいようは、行列必至の有名店です。

 

注文を受けてから調理するため時間はかかりますが、
周りの方が食べている姿と匂いに
待ち時間が長いほど、期待で腹の虫が鳴りやみません!


*麺や一途

 

一風変わったラーメン屋です。

 

なんとラーメン屋でフレンチのコースが食べられる…!
にわかには信じがたいですが本当に食べられました。

 

10年以上フレンチで腕を振るったシェフが
「どこにもない」フレンチなラーメンを創り上げたそうです。

さて、線路を通り越して北に歩くと

 

「かむろ坂」がでてきました。
石碑にはとても悲しいお話が。

 

…………

時は江戸時代、数々の狼藉を働いていた白井権八は、

ついに鈴ヶ森で処刑されます。
白井の恋人である花魁の小紫は、あの世で夫婦になろうと

白井の墓前で自害してしまいます。

 

家に帰ってこない小紫を心配し探す小紫のかむろ(侍女)は、

墓場にて小紫の死を知ります。
悲しみの帰路を辿るかむろに、突然悪漢が襲い掛かってきました。
かむろは必死に逃げますが、

ついに池に飛び込み命を落としてしまいました。

 

憐れんだ村人たちはこの可哀相なかむろを丘に葬り、

周囲にはいつしか「かむろ」の地名がつきました。

…………

再開発された美しい地名もすてきですが、
土地の歴史を感じられる地名も、

趣があって大事にしていきたいですね。

 

 

かむろ坂から住宅街を抜けると、

地元民に愛される歴史的なスポットが見えてきました。

 

目黒不動尊です。

なんと、目黒不動尊の開創は808年!

弘法も筆の誤りでおなじみの空海(弘法大師)や、

坂上田村麻呂の時代です。

 

目黒不動尊によると、関東最古の不動霊場とのことで、

歴史の深みを感じます。
ちなみに境内で、先ほどの白井権八と小紫の塚をみつけました!

目黒不動尊では毎月28日に縁日が開かれています。

 

休日が賑わうのはもちろんのこと、
平日夕方には学校帰りの親子連れ、
夜には会社終わりにちょっと一杯とばかりに露店をのぞき込むサラリーマンなど、
地元の人の生活に密接した温かさがあります。

 

匂いにつられてあっちにこっちに。
方々から聞こえるこどものはしゃぐ声。

 

いるだけで幸せな気持ちになれる、そんなスポットでした。

 

次回もあなたの知らなかった23区を

お届けできますように!

*バックナンバー*

世田谷編

新着情報・お知らせ一覧へ